スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくれんぼ NO1

新月の闇の中で、無数の星がきらめき、頭上に星の川を作っていた。
僕は、砂浜に腰を下ろし空を見上げた。
闇の中に、波の音が聞こえてくる。
ときに遠く。
ときに近く。
波の音は、僕を海の中に誘うように聞こえてくる。
小学5年生だった、僕は、波の音を聞きながら、昔、母親に聞いた話を思い出す。

『夜空に浮かぶ星の一つ一つが死んだ人の魂』なのだと。
『死んだ人の魂が、空に浮かび、夜、みんなが安心して眠れるように、僕たちを見守ってくれている』のだと。

星が霞んで見える。
涙で、星が霞んで見える。
僕は、涙で霞んだ瞳で、無数に煌く星の中から、妹の星を探した。
一昨日に生まればかりのはずの星を探した。
妹は、まだ、小学校1年生だから、きっと、まだ、小さな小さな星だと思う。
どれだか分からなかった。
きっと、妹の瑞希の星は、小さすぎて、どれだか分からないのだと思う。

不意に僕の心の中に悔やんでも、悔やみきれない思いが湧き上がる。
誰を、憎んでいいのか分からない怒りのようなものが湧き上がってくる。
苦しい。
苦しい。
ただ、ただ、苦しい。
僕は、まだ、これ以上の言葉で心の中を表現することが出来なかった。
瑞希は、たった一人で、暗い病室の中で、誰とも分かち合うことが出来ない苦しみに耐えていたのかと思う。
涙が一筋頬を伝った。
暗闇の中で、頬を伝い流れ落ちた涙が砂浜を濡らす。

『お兄ちゃん。ごめんね。
 お見舞いに来てくれたのに。
 私、苦しくてお話出来なくて、、、
 お兄ちゃん。ごめんね。』

瑞希と最後に交わした言葉が、波の音に混じって聞こえてくる。

瑞希のお葬式が終わり、小さな棺が火葬場まで運ばれた。
僕は、ずっと、瑞希の遺影を抱えていた。
どんなに重くても、僕は、ずっとそれを抱えていたかった。
火葬場に着くと棺は鉄の台車に載せられて、炎の部屋へと閉じ込められ蓋が閉じられた。
誰かが、拝んでいた。
誰かが、すすり泣いていた。
父親が、泣き崩れそうになる母親を支えていた。
僕は、涙が出なかった。
参列者が涙を流す中で、僕は、遺影を抱えたままじっと立っていた。
感情や想いを、全て心の奥底に仕舞込んだ。
何も考えることが出来ずに、炎の部屋を眺めていた。
耳だけが、何故か研ぎ澄まされ、読経に混じって泣き声が聞こえてきた。
やがて、瑞希は、真っ白な骨になり小さな壷に入れられた。
参列者のすすり泣く声が、まだ、続いている。
でも、僕は、理解していた。
みんな、明日になれば、笑顔になることを。

瑞希のお葬式が終わった日の夜に、僕は、家を抜け出してこの浜辺にやってきた。
家を抜け出すとき、父親も母親も、何も言わなかった。
僕も何も言わずに家を出た。
そして、瑞希と最後に遊んだ砂浜に僕は腰を下ろした。
僕は、一人になると、今日始めて涙を流した。
溢れ出した涙を、僕は、止める術を知らなかった。
涙に濡れた砂を手のひらですくい、砂浜に戻す。
そんな動作を無意識に繰り返した。

『お兄ちゃん。』
『お兄ちゃん。』

僕を呼ぶ声が波間から聞こえる。

『遊ぼうよ。』
『かくれんぼするから、私を探してね。』

瑞希の声が聞こえる。
僕は、立ち上がると、瑞希が隠れている海に向かって歩き始めた。

FC2 Blog Ranking クリックお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そらさんこんにちは(*⌒ー⌒笑)o

訪問こめありがとうございます、d(-_^)感謝
今日は汗ばむ陽気の大阪でした(*⌒ー⌒笑)o

小説心がある方は良いですね
昨晩から流星群が見れるのでよりイメージがいいですね


(*⌒ー⌒笑)o『笑う門には福来る』


応援 ~凸ヽ(。・ω・桜)ノ

コメントありがとう

コメントありがとうございます。あまりコメント欄注目しないので、発見が遅れました。これからも、お互い応援しあいましょう。ついでにクリックしておきました。

No title

コツブです
なんか身にしみます(*^_^*)
少し悲しい物語ででもそこが読者を共感させるんでしょうね
少し余計なことを言いますが会話のところだけ別の色にしてみては堂でしょうか?

No title

後書き忘れてしまいましたが相互リンクもよければお願いします

No title

今、かくれんぼを読ませて頂きました。
瑞希との別れ方がああいうことだったから
主人公は心の傷を隠しながら成長していくのですね・・。

心残り・・・
幼いながらも深く考えてる主人公の心の動き。
痛いように伝わってきました。
涙が出てきたわ・・

また時間がある時に続きも読ませて頂きます♪

【動画】あやまんJAPANやりたい放題で放送事故・噂の工□演芸!

【動画】あやまんJAPANやりたい放題で放送事故・噂の工□演芸!


http://ayamanjapanero.blog49.fc2.com/


『とんねるず みなさんのおかげでした』に出演し、ゴールデンの時間帯というのに、やりたい放題の彼女達。チラッどころか、ほぼ丸見え。


http://ayamanjapanero.blog49.fc2.com/


六本木で”工□チック”宴芸で盛り上げる彼女達。
宴会の王様ゲームで男性に彼女達が恥じらいもなく、やりたい放題。
プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
921位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion