スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼントNO6

「まあ、許してあげよう。」晴美は言った。
「突然、口紅つけて、どうしたの?」と、言った瞬間に、もう一度、晴美の正拳が、みぞおちに、かなり正確に相当強

めに飛んできた。
「痛てっ。」僕は、みぞおちを押さえた。
「そんなこと、私の口から言えるわけないじゃない。
 ほんと、鈍いんだから。」
晴美は、そういうと、カバンの中から取り出した、リボンの付いた包みを取り出し、僕に押し付けるように渡してきた


僕は、思わず、その包みを受け取った。
「少し早いけど、あげる。」
「チョコレート?」
「そうよ。」
「ありがとう。」
「なんだか、あげるのも無駄なような気になってきたけど、とにかくあげるわ。」
「そんなのことないよ。」
「そうかしら?」晴美は疑うように言った。
「チョコレート好きだよ。」
僕がそういうと、晴美は、鉄棒の柱に寄りかかったまま、右手で頭を抱えるように押さえた。
「もういいよ。」晴美が言った。
僕の心の中に幾つかの疑問が有ったけれど、それを晴美に聞くことをあきらめた。
なんとなく、晴美を更に怒らせてしまう気がした。
「口紅、かわいいよ。」
「ほんと?」急に晴美は、笑顔になった。
「とっても。」
「ほんとに?」
「ほんとに。ほんとに。」
「ほんとに?ほんとに?絶対?」
「ほんとに。ほんとに。とっても。」でも、本当は、もう少し薄い色の方がいいと思っていた。
「ゆるしてあげよう。」
「ありがとう。」僕は、いったい何を許されたのだろうか?
僕は、なんとなく、晴美の唇をじっと見つめた。
晴美は、急に無言になり、僕を見つめていた。
僕は、晴美の視線に気付き、晴美を見た。
僕達は、目と目が合った。
気まずいような、照れくさいような、なんとも表現しづらい雰囲気が流れた。
晴美は、やや上を向くと、静かに目を閉じた。
心臓が高鳴り、動きが硬くなりながらも、僕の唇は、晴美に近づいていった。

つづく

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!

本を出版しました。
タイトル:春には春の花が咲く
著者名 :さとう そら
39歳になった優一の恋の物語です。
Amazonの”なか見検索”で最初の数ページを読むことができます!! 
春には春の花が咲く 本の中身を見る!!


















PING送信プラス by
SEO対策




スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
7134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1845位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion