スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒椿NO5

その日、晴美は喫茶店を出て駅まで歩き改札で別れた。
「少しは、元気になった?」晴美が言った。
「元気だよ。」僕は、笑いながら言った。
「無理しなくていいのよ。
 辛いときは『辛い』って言っていいのよ。
 寂しいときは『寂しい』って言っていいのよ。」
「ありがとう。」
「どういたしまして。
 私じゃあ、朋子さんの変わりにならないかもしれないけれどね。」
「晴美は、晴美だよ。」
「認めたな!」
「えっ?」
「何も、否定しなかった。」
「何のこと?」
「朋子さんのこと好きだったんでしょ。」
僕は、何て答えようか迷った。
結局「片思い。」と短く言った。
「私と一緒。」晴美は、そういうと僕の肩に指を当て肩幅を指で測るように指を動かした。
そして、小さく頷くと、笑顔のまま走るように去っていった。
一度だけ、振り向くと小さく手を振った。
僕は、一人改札に取り残された。
晴美が、最後に何を言いたかったのかを考えた。
何が、私と一緒なのだろうか?
晴美も、朋子さんの事を好きだったのだろうか?
それは、違うと思った。
僕は、いつも大切なことに、まったく気がつかずにいた。

晴美が、短めのスカートをはいて来たこと。
自分で買った映画に券を、知人に貰ったと言ったこと。
今日、いつもより、さらに明るかったこと。
そして、「私と一緒。」と言った本当の意味。
それを、理解したのは、晴美と会わなくなって数年後のことだった。
僕が朋子に、片思いをしていたように、晴美は僕に片思いをしていたのだ。
あの日、僕が、朋子とデートをしたときと同じ思いを、この日、晴美は抱えていたのだ。
好きな人と一緒にいれる喜び。
一緒にいる人の本当の気持ちが分からない不安。
揺れ動く気持ちを抱えたまま、晴海は、僕と一緒にいたのだった。
そのことを理解したとき、初めて、今日の晴美の心に触れた気がした。
そして、晴美の抱えていた気持ちを思うと、僕の心は痛んだ。
でもどんなに心が痛んでも、全てが、もう戻らないことだった。
時間の経過とともに、痛みは僕の心の中を流れ、やがて心の底に堆積されていった。
吐き出し口が何処にも見つからなかった。

僕は、晴美のそんな気持ちも理解しないままに、その日の帰り道、朋子のことを考えていた。
空は、暗くなり、空気は更に冷えていった。
朋子の赤い手袋を思い出していた。

家に着き夕食を食べ終えたとき、朋子から電話が掛かってきた。

つづく

にほんブログ村 小説ブログへ
少しでも気に入ってもらえたらクリックしてもらえると嬉しいです!


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!

”春には春の花が咲く”出版しました。
冷え切った夫婦関係、生きがいのない空虚な毎日を送る香が知ってしまったあまりにも甘美な恋……。チャットルームで知り合った香と優一。たがいに家庭を持つ身ながら、二人の恋は燃え盛り深く結ばれる。が、突然優一との連絡が途絶えてしまう。許されざる愛の報いは、かくまでも冷酷なものなのか。約束のない愛だから信じていたい。切ない恋に生きる女の業とやさしさ、潔さそして強さを描いた小説。
↓クリックで、Amazonの”なか見検索”で最初の数ページを読むことができます!! 是非!!
春には春の花が咲く -約束のない 愛だから 信じていたい-

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
978位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion