スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒椿NO6

家の電話が鳴った。
電話は、いつも突然に鳴る。
「もしもし。」僕が言った。
「もしもし。」女性の声だった。
それだけ言うと電話の向こうの女性は黙った。
電話を切るわけでもなく、短い沈黙が流れた。
それは、まるで沈黙という名の音が存在するような沈黙だった。
僕は、その声が朋子だと直ぐにわかった。
「朋子さん?」僕が先に沈黙を破った。
「うん。」朋子が言った。
僕の心が音を立てた。
心臓が高鳴った。
「どうしたの?」僕は、自分の心を抑えた。
また、沈黙が流れた。
「ごめんね。」今度は、朋子が沈黙を破った。
「もう
 会えないみたいなこと
 言っちゃったけど
 もう一度
 会えるかな。」
朋子は、途切れ途切れにとういうと、また黙った。
「うん。」
「ごめんね。」
「大丈夫。」
「再来週の日曜日。」
「空いている。」
「こないだの喫茶店。」
「わかった。」
そして、電話切った。
僕は、何も朋子に聞くことができなかった。
何故、会えないと言ったのか。
何故、電話をしてきたのか。
何故、また会いたいと言ってきたのか。
何も聞くことができなかった。
朋子にとって、僕という存在がどういうものであるのか。
僕は、その答えを知ることを恐れていたのかもしれない。
電話を切った後、僕の心の中には、甘い思いと切なさが同位したように入り混じり、心臓だけが高鳴っていた。

僕は、自分の部屋に入ると窓を開けタバコに火を付けた。
冷たい空気が部屋の中に入り込み、タバコの煙が揺れていた。

僕は、朋子のことを思った。
僕は、晴美のことを思った。
僕は、山崎のことを思った。
そして、自分の持っている弱さを思った。
僕は、僕の弱さに流されて、みんなを傷つけようとしている。
ふっと、そんな気がした。

つづく

にほんブログ村 小説ブログへ
少しでも気に入ってもらえたらクリックしてもらえると嬉しいです!


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!


”春には春の花が咲く”出版しました。
↓Amazonの”なか見検索”で最初の数ページを読むことができます!! 
春には春の花が咲く Amazon なか見検索を見たい方 ここをクリック

スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
5292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1338位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion