スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼントNO1

朋子と、毎日でも会いたかった。
いつも、声を聞いていたかった。
でも、僕は、朋子に対して、その想いをどう表現し、どう伝えていいのか分からなかった。
僕は、僕と朋子の関係について考えた。
僕達は、まだ、恋人同士とは呼べない間柄なのだろうか?
どうなったら、僕達は恋人同士と呼べるのだろうか?
朋子とキスをしたら、恋人同士になれるのだろうか?
僕には、恋人という言葉の定義も、はっきりと分からなかった。
結局、僕は、ただ思い悩むだけで、朋子に連絡を取らないまま1週間が過ぎた。

その間に晴美から電話があった。
いつもの様に、冗談を言い、最近あった面白い話しをし、1時間という時間を晴美と電話で話した。
そして、電話を切った。
晴美と話をするのは楽しかった。
僕は、あまり他人と打ち解けて話をすることをしなかったけれど、晴美と山崎とは、何故かあまり色々なことを気にせずに話をすることが出来た。
それでも、晴美には朋子とデートをしたことを、山崎には晴美と映画に行った事を話すことが出来なかった。

土曜日の朝、目が覚めた時、今日、朋子に電話をしようと決めた。
電話をする時間は、夕食が終わった後、20時ぐらいが一番いいのではと思った。
その日一日、朋子に電話をすることばかりを考えていた。
一日中、そわそわと落ちか無く時間の経過かが遅く感じられた。
時間を潰すために本を読み、音楽を聴き、散歩をしたけれど、陽はまだ暮れなかった。
結局、僕は自分の部屋でベッドに寝転び朋子とのデートのことを思い出しながら、時計ばかりを眺めていた。
20時になると、待ち合わせをしているかのように、僕は、朋子に電話をした。
受話器を耳に当て、呼び出し音を数えていると、胸が高鳴った。
このまま、電話を切ってしまいたい思いになった。
「もしもし。」朋子の声が、受話器の向こうから聞こえた。
回線の小さな雑音混じりに、確かに朋子の声が聞こえた。

つづく

本を出版しました。
タイトル:春には春の花が咲く
著者名 :さとう そら
39歳になった優一の恋の物語です。
Amazonの”なか見検索”で最初の数ページを読むことができます!! 
春には春の花が咲く ここをクリックでアマゾンに飛びます


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
5292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1338位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion