スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼントNO2


朋子の声を聞いた瞬間に、僕は、言葉に詰まった。
何を言っていいのか、頭の中が真っ白になって何も言えなくなった。
「もしもし。」不審げな朋子の声が受話器の向こうから再度聞こえた。
「もしもし。」僕は、慌てるように答えた。
「優一君?」朋子が言った。
「そう。」
「どうしたの?」
「いや。別に。」
朋子の声が聞きたかった。
そんな、気の利いた一言が言えなかった。
「ただ、元気かなって思って。」
僕は、上手く言葉が出なくて、そっけない言い方で、味気ない事を言った。
「元気よ。」朋子が、普通に答えた。

僕は、その後、近況を話した。
空手道場のみんなは、変わりなく元気だと僕は言った。
晴美も山崎も相変わらず元気だと言った。
でも、僕は、そんなことを話すために、朋子に電話をした訳ではなかった。
僕は、朋子との会話の間、ずっと落ち着かない気持ちだった。
”今度、何時会える?”と、その一言を切り出すタイミングを、ただひたすらに待っていた。
その一言だけが、僕が、本当に言いたい言葉だった。
他の人のことなんてどうでも良かった。
でも、朋子の会話は果てが無いように続いた。
朋子にとって、僕とのデートの約束は、どうでもいいことなのだろうか。
僕の心の中は、不安でいっぱいになった。

会話が途切れた。
おもちゃ箱が空っぽになって、取り出すおもちゃが無くなったように、次の話題が無くなり会話が途切れた。


つづく

本を出版しました。
タイトル:春には春の花が咲く
著者名 :さとう そら
39歳になった優一の恋の物語です。
Amazonの”なか見検索”で最初の数ページを読むことができます!! 
春には春の花が咲く ここをクリックでアマゾンに飛びます


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!

スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
5292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1338位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion