スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溝NO23

夜の海沿いの公園のベンチに座って、僕と晴美は唇を重ねた。
僕は、どうしようもなく晴美の身体が欲しくなっていた。
服の上から出なく、直接、晴美の身体を触りたかった。

その衝動的な思いを抑えることが出来なくなっていた。

唇を重ねながら、Tシャツの裾から手を入れた。
晴美のお腹の辺りの柔らかな肌に触れた。

晴美の身体は、汗ばみしっとりと僕の手のひらに吸い付いてきた。

僕は、その肌の柔らかさに感動と興奮を覚えた。
初めて触れる女性の身体だった。

僕の手は、戸惑いながらも、ブラジャーの上から乳房に触れた。

晴美は抵抗をしなかった。

ブラジャーの隙間から指を入れた。

指先が、乳房の突起に触れた。
そこから先、どうしていいのか分からない。
僕は、戸惑いながらも頭の芯が熱くなってくる。

指を動かしてみる。

晴美の息が、少し荒くなる。
晴美は、目を閉じたまま、息遣いだけが荒くなる。

小さな乳房だけれど、こんなにも柔らかく、こんなにも男の本能を揺さぶるものなのかと思う。

僕は、晴美の乳房から、手を離すことが出来なかった。

ここが、外であることを忘れてしまいそうだった。

僕の耳に聞こえてくる波の音が、どうにか、僕を現実の世界に繋ぎとめている。

僕は、女性が、もっとも女性である部分を触りたくなっていた。
男性には、想像することが出来ない部分に、どうしようもなく触れたくなっていた。

ミニスカートからむき出しになった太ももに手を置く。
スカートの奥に、その手を忍び込ませる。

晴美は、僕の手を受け入れるように、目を閉じじっとしていた。
下着の上から触ってみる。

柔らかく、膨らんでいた。

僕は、煩悩の固まりになる。

下着の脇から、指を入れる。

晴美の股間に生えているヘアが指に触れる。

心臓の動きが早くなる。

晴美の股間の奥に指を入れる。
初めて触れる女性。

不思議な感触だった。
ひだのような感触。
そして、濡れていた。

これが、女性かと思った。
これが、女かと思った。

晴美の喉の奥から篭った様な声が聞こえた。
そして、何かを我慢するように、硬く口を閉じた。

僕は、どう扱っていいのかわからずに、ただ、思いのままに、指を動かしていた。

「ダメ。」晴美の声は、弱々しかった。

つづく

 *┏━┓*┏━┓*┏━┓*┏━┓*┏━┓*┏━┓*  
   ┃お┣━┫過┣━┫る┣━┫ペ┣━┫ト┣━┫険┃     
   ┗━┫得┣━┫ぎ┣━┫★┣━┫ッ┣━┫保┣━┛     
  * *┗━┛*┗━┛*┗━┛*┗━┛*┗━┛* *  


 愛犬・愛猫の為のペット保険、
  もしもの時にご加入済みですか?

 アイペットのペット保険なら・・・
 ◎Point1:安い保険料で愛犬・愛猫のもしもの時にそなえることが可能
 ◎Point2:手術治療費の90%を補償。1回あたり最大50万円まで補償
 ◎Point3:全国どこの動物病院で治療されても補償



スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4047位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
995位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion