スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溝NO18

僕は、すすり泣く晴美の肩を、黙って抱いていた。
それ以外に、どうしたらいいのか分からなかった。
泣いている女性を、どう扱っていいのかわからなかった。

何故、晴美が泣いているのかさえ、本当のところを理解していなかった。

晴美が”辛い”と言った言葉の真実を、僕は、理解できるだけのものを持っていなかった。

空は、暗くなり始めていた。
星が一つ二つ瞬き始めた。
僕は、晴美の肩を抱きながら、瞬き始めた星の数を数えた。
薄暗い空に浮かぶ星の数は、まだ少なくって、晴美が泣き終わる前に数え終わった。

僕の手を握る、晴美の手に力が入った。
晴美は、ぎゅっと強く僕の手を握ると、僕の肩で涙を拭き、僕の顔を見た。

僕は、晴美の頬にキスをした。
潮の香りと涙の味が混じった。

そして、僕達は、唇を重ねあった。
唇を重ねて、目を開けると、僕の目に大きな丸い月が飛び込んできた。

晴美は、僕に縋り付くように強く僕を抱きしめ、唇を離そうとはしなかった。

僕は、なんだか悲しい気持ちで一杯になった。

月の淡い光は、静かに僕達を包み込んでいた。
僕の心は、乱れ、時間だけが、正確に流れていた。

つづく


すべての女性には美しくなる権利がある。BEcause,『美・皇潤』


スポンサーサイト

テーマ : 自作恋愛連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
6721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1760位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion