スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春と修羅NO1

僕は、一週間という時間を朋子とのデートのことだけを考えて過ごした。
本を読んでいても、音楽を聴いていても、食事のときも、風呂に入っているときも、トイレの中でさえ、朋子とのデートのことを考えていた。
いったい、何処に行けばいいのだろうか?
どんな、会話をしたらいいのだろうか?
僕は、頭の中で朋子と二人で歩く姿を想像した。
想像の中では、僕と朋子は、手を繋いで歩いていた。
それを想像すると、僕の胸はきつく締め付けられた。
胸に感じる切ない痛みは、何処か甘さを含んでいた。
早く、朋子に会いたい。
早く会いたい。
会いたい。
僕が、思っていることは、それだけだった。
そんなことばかり考えていた。

木曜日の夜に、道場で朋子に会った。
僕が、道場に入ると朋子は既に道着に着替えていて一人で型の練習をしていた。
朋子は、僕を特に意識する風もなく、一人、黙々と型の練習をしていた。
僕は、そんな朋子を見ていると、なんだか、不安な気持ちで一杯になった。
まるで、僕なんか眼中にないような感じだった。
僕は、朋子を意識しすぎて、気が付くと朋子を目で追っていた。
朋子は、そういった僕の視線を無視したように、僕の方を振り向くことさえなかった。

日曜日の約束を忘れているのだろうか?
それとも、朋子にとって、僕とのデートというのは、ただ友達と遊びに行くのと同じなのだろうか?
はしゃいでいるのは、僕、一人なのだろうか?

僕は、朋子に声を掛けたかった。
何でも良いから話をしたかった。
でも、声を掛けることが出来なかった。
僕は、その日、練習にまったく身が入らなかった。
朋子のことが、気になって、気になって仕方がなかった。
その日、朋子は、いつもより早く一人練習を終えた。
私服に着替え帰ろうとする朋子のことが気になった。
何故か、そんな何でも無いことが、気になった。
いったい、何故、早く帰るのだろうか?
僕と、一緒にいることが嫌なのだろうか?
それとも、誰か、他の男性とこれから会うのだろうか?

どんな男性と会うのだろう?
その男性とは、どんな関係なんだろう?
もちろん、男性と会うかどうかさえ分からないのに、僕の想像は、勝手に膨らんでいく。
朋子は、道場を出るときに、一瞬、僕を見た。
僕と目が合うと、朋子は口元だけで微笑んだ。
誰にも気付かれないように微笑んだ。
その微笑みは、本当に一瞬だったけど、僕の心は急に浮かれた。
僕にだけ、微笑んでくれた。
それが、嬉しくて。
そんなことが、嬉しくて。
僕は、緩みそうになる口元を、固く閉じた。
僕の感情は、朋子のちょっとした仕草や動作で、浮かれたり沈んだりした。
そんな自分に戸惑った。

つづく

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログへ
他の人の小説も読んでみてください!

スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
921位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion