スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒椿NO1

その後、朋子とは、二人で話をする機会もなく、朋子は道場を辞めていった。
僕は、最後に朋子に何かを話し掛けることも出来なかった。
朋子が、皆に挨拶をしている姿を離れた所から見ているだけだった。
何かを話し掛けたかったけれども、言葉が何も浮かんでこなかった。
意識だけが、朋子に向かっていた。
でも、僕は、意識と裏腹の態度で山崎と話をしていた。
朋子が、道場を出るときに、道場の奥にいた僕と、ほんの一瞬、目が合った。
僕には、朋子の顔が少し寂しそうに微笑んだように見えた。
でも、その笑顔は、直ぐに消えた。
あの、微笑が何を意味していたのか僕には分からなかった。
僕に何かを伝えたかったのか?
それとも、ただ微笑んだだけだったのか?
僕に、その疑問を残したまま、僕と朋子の接点は無くなってしまった。
僕の心は、朋子の微笑で複雑に乱れた。
その乱れた心を、どう扱っていいのかわからずに、胸の中に仕舞いこんだ。

家に帰ると、朋子が好きだと言っていた、宮沢賢治の銀河鉄道の夜を読んだ。
読んでいても、何も頭の中には入って来なかった。
ただ、文章を目で追っているだけだった。
文字を追っても、僕の心は苦しさのようなものや、切なさのようなもので締め付けられた。
その度に僕は本から目を逸らし、窓の外を見つめ、天井を見つめ、白い壁を見つめ、気がつくと意味も無くタバコに火をつけていた。
灰皿には、5本の吸殻が乱雑にもみ消されていた。
僕は、本を読むのを諦めて閉じると、窓を開けて空気を入れ替えた。
冷たく鋭利のような空気が部屋の中に入り込んできた。
凍えた空気は、頬を切り裂くように部屋に入り込み、何故か、その痛みが心地よかった。
外の闇に目を凝らすと、街灯に照らされて、白い雪がちらちらと舞っていた。
 (雨雪を取ってきてちょうだい)
春と修羅の一節を思い出した。
零れそうになる涙を、深く、深く、心の闇の中に仕舞いこんだ。

「優一。電話だよ。」母親の声が聞こえた。
「誰から?」
「長谷川さんって女性よ。」
長谷川さんって言う女性が、誰だか分からなかった。

つづく

↓12月1日発売
春には春の花が咲く -約束のない 愛だから 信じていたい-


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログへ
他の人の小説も読んでみてください!

あわせて読みたいブログパーツ


スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
5134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1275位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion