スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼントNO11

翌週の土曜日に、朋子に会った。
何時もの喫茶店で待ち合わせをし、何時ものように店内に流れるクラッシク音楽の説明を受け、僕は、タバコを吸いながらそれを聞いていた。
タバコを灰皿に消し、店を出ると朋子は決まったように赤い手袋をした。
今日は、そんなに寒くないのに、何かの儀式に様に手袋をした。
いったい、何時になったら、朋子は手袋を外すのだろうか。
そして、電車に乗ると、朋子が行きたいと言った上野に向かった。

上野に着くと、僕達は、美術館へ向かった。
有名な画家の絵が展示されているらしく、その美術館は、驚くくらい混んでいた。
クラッシク音楽と同じように、僕は、絵のことなどさっぱり分からなかった。
展示会の画家の名前は聞いたことがあったけれど、その人がどんな絵を描くのかは知らなかった。
そして、世の中に、絵が好きな人がこんなにも沢山いたとは思わなかった。

美術館の中に入ると、壁伝いに人の列でき、壁に掛けられた絵の前を行儀よく順番に同じペースで流れていった。
朋子も、その流れの中で行儀よく一つ、一つの絵を丁寧に見て行った。
そして、僕に一言、二言、絵についての話をした。
筆の使い方。
光と影の使い方。
僕は、朋子の話しに頷いてはいたが、分からない話ばかりだった。

僕は、一つの絵の前で立ち止まった。
その絵の前で、金縛りのように足が動かなくなった。
人の列から少し離れた位置で、呆然と立ち止まり、その絵を見詰めていた。
それは、睡蓮の絵だった。
水に映る光の色彩が圧倒的に美しく、僕は、その美しさの中に、この画家の何かに取り付かれたような狂気さえ感じた。
それは、静寂の狂気に思えた。
静かな、優しげな絵の中に何かを求め続ける男の修羅を感じた。

”おれはひとりの修羅なのだ”
突然、宮沢賢治の詩を思い出した。

そして、僕は、感じた。

つづく

貼るだけでお小遣いがもらえるというので、マイクロアドというものを1ヶ月貼ってみました。
実際には、クリックされないとお小遣いはもらえなく、あまり大した金額にはなりませんでした!!
ただ、楽といえば楽なのです。仕事の合間に飲むコーヒー代ぐらいにはなりました!!
マイクロアドBTパートナー:ちょっとした、お小遣いを手にいれてみたい人 クリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

ランキングアップにクリックお願いします!

人気ブログランキングへ クリックお願いします!

本を出版しました。
タイトル:春には春の花が咲く
著者名 :さとう そら
39歳になった優一の不倫の恋の物語です。
Amazonの”なか見検索”で最初の数ページを読むことができます!! 
春には春の花が咲く 本の中身を見る!!


スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうそら

Author:さとうそら
2009年12月に、本を出版しました。
タイトル「春には春の花が咲く

カテゴリ
小説を読むときは、かくれんぼ から読んでください。
最新コメント
ランキング
ランキングアップに協力を!! どれか一つでもクリックしてくれると嬉しいです!!
訪問をお知らせください
おきてがみ
ブログパーツ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
5292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1338位
アクセスランキングを見る>>
yahoo
人気記事
表示は新着順なので、ブログの記事に直接リンクしてどんどん登録してください。
最新記事
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスアップサービス
月別アーカイブ
フリーエリア
マイクロアド
時間があったらクリックたちよりしてね
おこづかいゲット!
ペット
自動リンク
自動でリンクが増えていきます
検索フォーム
NINJA
簡単にポイントたまります。
忍者アド
植林活動
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
サンプル・イベント・モニターならBloMotion